フローリングを美しく保つハウスキーピングの1つにフロアコーティングがあります。

フローリングに対するハウスキーピングの方法としては、かつてはワックスによる方法が主となっていましたが、現在においては様々なフロアコーティングが使用されています。
これまでのワックスによる方法との大きな違いは、施工をすることで表面に耐久性のある塗膜を作ることができ、そのために、頻繁に塗布を行なう必要が無い点があります。
フロアコーティングはメリットのある方法となりますが、施工をする場合には、それぞれの種類を理解した上で行なう必要があり、特徴を知ることで適切な選択をすることができるようになります。



まず、フロアコーティングには有機系と無機系のものがあります。

こだわりの高いNAVERまとめを知りたいならご活用ください。

有機系には、業務用ワックスとなる高濃度ウレタンコーティング、水性塗料となる水性ウレタンハードコーティング、1液性シリコン配合ウレタン塗料となるシリコン配合ウレタンコーティングがあり、他にも、2液性ウレタン塗料となるウレタンハードコーティングやUV硬化剤使用2液性ウレタン塗料となるUVウレタンコーティングがあります。

耐久性に関しては2年~10年程度となり、最近人気となっているUVウレタンコーティングでは10年程度となっています。


一方、無機系では、1液性常温硬化型塗料としてガラスコーティングがあり、20年以上の高い耐久性があります。

フロアコーティング情報の豊富さで有名なサイトです。

同じ種類でも商品によっては30年以上のものもあり、非常に硬い面で仕上がる特徴をもっています。

有機系と無機系の大きな違いは、劣化・変化があり、有機系の種類は全てにおいてするものの、無機系では劣化や変色をしない特性を持っています。